転職コラム

転職がうまく行かない30代が気をつけるべき4つのポイントとは?!

転職は、驚くほどスムーズに成功する場合もあればうまくいかない日々が続くこともあります。新人でもなく、ベテランでもないという立ち位置の30代はどのような意識で活動すべきか紹介します。

基本的な振る舞いを忘れていないか

30代ともなると、社内だけでなく社外の人とも積極的にコミュニケーションをして社会経験を積んでいるものです。その中で高いコミュニケーション能力を身に付けたり、堂々とした振る舞いを披露するのは決して悪いことではありません。ただ、その中で基本的な振る舞いが欠如してしまうと相手に良い印象を与えることができません。

例えば、面接の場なのにも関わらず髭を生やしていたり、目立つ装飾品を身に付けているなどすると緊張感がないと思われてしまいます。また、社会生活の慣れから言葉使いがラフになっていたり、相手への敬意が見えない表現をするのもマイナス要因です。

参考:【どうする?】30代の転職のために濃いヒゲ・ムダ毛は脱毛すべき?

終始緊張してまともにコミュニケーションできないという状況も良くありませんが、常に見られている立場なのだということを再確認したいです。基本に立ち返って、新卒時の就活マニュアルを再読してみるのも有効です。

これまでの経験を生かせているか

30代の転職は、基本的にこれまでの経験を生かして即戦力となる為に行うものです。もちろん、全く違う分野に興味が湧いて挑戦する場合もありますがリスクの多いことではあります。しかし、明確な目標がある場合は悪いことではありません。

参考:【必見】転職を考える30代男性が選ぶべき未経験OKの仕事とは?

問題は、明確な目標が無いにも関わらず単に今の仕事に嫌気が差して安易に転職をする場合です。これまでパソコン操作がメインの仕事だったにも関わらず体を動かす職場を志願すると、面接担当者は疑問を抱かざるを得ません。

参考:【どうなの?】30代男性の転職で看護師を目指すのはありか?

基本的に、30代の未経験者が転職を成功させるのはとても難しい道のりです。未経験者を採用するのであれば20代のフレッシュな人材を採用した方が良いからです。この部分を理解せずに、これまでの経験を無視した安易な転職活動をしているのであれば直ちに考え直したいです。

補足:参考リンク(30代の異業種・異職種転職を成功させるポイント)

異業種・異職種転職をしたいと考えている30代の人はこちらを参考にしましょう。

女性向けの求人に応募していないか

男女雇用機会均等法があるので、男女を差別化して求人情報を出すことはできません。ただ、現実的には確実に男性向け、女性向けの仕事が存在します。もし「女性活躍中」などと書かれている求人に応募している場合は、考え直した方が良いかもしれません。

女性活躍中という表現は、ほとんど女性を求めているという意味だからです。100%採用の道が無いという訳でもありませんが、非常に狭い門であることに間違いありません。

闇雲にうまくいかないと悩むだけでなく、相手のニーズを的確に察知して活動しなければいけません。

20代、第二新卒向けの求人に応募していないか

男女雇用機会均等法で男女を差別化して求人情報を出してはいけないように、雇用対策法10条でも年齢を制限して求人情報を出しては原則いけません。しかし現実的には確実に20代向け、第二新卒向けの求人が存在します。もし、年齢制限の例外事由があることを表示して募集している求人や、「20代活躍中」「第二新卒歓迎」などと書かれている求人に応募している場合には、再検討をした方が良いかもしれません。

20代活躍中、第二新卒歓迎という表現は、ほとんど20代や第二新卒を求めているという意味だからです。それ以外の年代・キャリア層の人が応募をしてはいけないという意味ではありませんが、わざわざこのような表現をするのは、20代・第二新卒を求めているからこそするのです。

一方で、40~50代活躍中という表現にも注意が必要です。先に述べたように、わざわざこのような表現をするのは、この年代の経験のある人材が欲しいという意味合いが含まれている可能性があるからです。しかし、30代であっても引けを取らない経験があるのであれば、問題なく採用されるでしょう。

まとめ

転職がうまく行かない30代が気をつけるべきポイントは以下の4つです。

  • 基本的な振る舞いを忘れていないか
  • これまでの経験を生かせているか
  • 女性向けの求人に応募していないか
  • 20代、第二新卒向けの求人に応募していないか(逆に、40~50代活躍中という表現にも注意が必要)

1つ目、2つ目は選考において気をつけるべきことで、3つ目、4つ目は求人探しにおいて気をつけるべきことです。この4つのポイントを肝に銘じて、転職活動を成功させましょう。

関連記事

  1. 30代のUターン転職で入るべき優良企業の3つのポイント

  2. 30代のUターン転職のメリット・デメリットと対策

  3. 【重要!】転職を20代で成功させる3つの秘訣とは?

  4. 転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

  5. 働き方改革の裏で静かに進行する終身雇用制度の崩壊に20代・30代が備え…

  6. 【知らないと損】30代の転職で中途入社すべき会社のポイント

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較