転職コラム

【切実】プログラマの転職で30代男性が気をつけるべき3つのポイント

プログラマは常に勉強し続ける必要があったりスキルが重要になる職業です。今回は30代の男性の方がプログラマの転職をするときに気をつけるべきポイントを説明していきます。

自分の市場価値を客観的に判断する

30代のプログラマはこれまで何をしてきたか?どんなことを達成してきたか?を面接の際に聞かれます。30代の方だとポテンシャルが大切ですが、30代のプログラマは即戦力を求めます。

自分のこれまでの経験や実績をわかりやすくアピールできる材料をまとめておきましょう。面接官にとってはそれがわかれば、能力と実績が企業と方向性が合っているかなどの判断材料になります。また自分の市場価値を客観的に判断するためにも、現在の職場だけではなく社外のプログラマーとコミュニケーションをとってみましょう。

情報を共有することで自分のスキルや実績が他の企業で通用するのか把握することができます。よく転職に失敗してしまう理由として、自分の市場価値を把握できていないということが多いので、まずはしっかり頭に入れておきましょう。

コミュニケーション能力が大切

プログラマとして無事採用され、経験や実績があり能力も高いと若い人材の教育だったり、チームのリーダーを求められることもあります。そのため、30代の社会人としてコミュニケーション能力が低く、周りとの連携がとれない方は採用される可能性が低いでしょう。

また、面接の際に転職理由や志望動機が曖昧だったりすると、考えが浅い人と見なされてしまいます。同時に考えて物事を話すことができないと判断されてしまいますので注意が必要です。

IT系エンジニアに強い転職エージェントに相談して解決するのも一つの手です。

余計なプライドは持たず、変化に対応できる柔軟性を意識しよう

30代の転職では、自分より若い社員が上司になる可能性もあります。その際に余計なプライドがあると、変化に対応できなかったり、素直に指示を受け入れることができなくなってしまいます。

その結果仕事がスムーズにいかなくなる可能性もあるので柔軟さは大切です。プラグラマは冒頭で言ったように日々勉強して、知識を積み重ねていく必要があります。ですので、自分より若い社員に対しても積極的に情報を共有したり、わからないことは聞いていきましょう。

ここまで30代プログラマが気をつけるべきことを説明してきましたが、特に失敗しないためにはプログラマとして自分の市場価値を把握することです。自分の価値をうまく伝えられないと、採用されないと考えてもいいでしょう。30代プログラマは年齢がどうしても気になってしまうところですが、スキルや実績があれば転職できる可能性は高いです。あとは、30代社会人としての仕事への姿勢、柔軟性やコミュニケーション能力は求められるポイントになります。

関連記事

  1. 【本当?】転職を30代前半で考えた時どんなところをアピールすべき?

  2. 30代で取るべき転職手段6つとその優先順位

  3. 30代のUターン転職で入るべき優良企業の3つのポイント

  4. 30代で転職回数が多い場合の気をつけるべきポイント

  5. 30代前半の燃え尽き転職が失敗しやすい3つの原因

  6. 30代のUターン転職のメリット・デメリットと対策

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較