転職コラム

30代の異業種・異職種転職を成功させるポイント【3つある】

一般に、転職の難易度は、同業界・同職種が低く、異業界・同職種、異業界・異職種、同業界・異職種と進むにつれて高くなっていきます。また、年齢の要素も加味されます。

20代はポテンシャルを見てもらえるので、異業種・異職種転職はしやすいです。しかし、30代は即戦力として見られるので、異業種・異職種転職はしにくいです。そこで今回は、30代の異業種転職、異職種転職を成功させるポイントについて解説します。

30代の異業種・異職種転職を成功させるポイント

ポイントは次の3つ。

  • 異業種転職は同職種を狙う
  • 異職種転職は専門知識・ポータブルスキルを活かす
  • 中小・ベンチャー企業を狙う

順番に見ていきます。

異業種転職は同職種を狙う

30代での異業種転職を成功させるためは、同職種への応募が好ましいです。その理由と選考で特に注意したい点を中心にまとめました。

30代の異業種転職は同職種が好ましい理由

企業は即戦力として働いて欲しいので、募集している職種の経験がある人を採用します。そのため、30代で異業種への転職は同職種であることが好ましいのです。

前職の経験をどう活かすのか

同業種であっても企業規模が違うと顧客層も異なります。すると同じ営業職でも営業の仕方が変わってきます。職務経歴書や面接でのアピールもそれに合わせてしないと微妙なズレが生じます。他の応募者が的確な受け答えをしている場合、このズレは致命傷になりかねません。異業種転職であれば、職種内のズレだけでなく、業種内のズレも認識した上で、前職の経験をアピールする必要があります。

異業種転職をする理由を明確にする

同業種・同職種の転職でも転職理由は聞かれますが、異業種転職は違う業界に移るということなので、なぜわざわざそんなことをするのか、採用担当者は余計に知りたくなります。ここで、一貫性のある転職理由を述べることで、納得させることができます。

異業種・同職種転職の例

広告会社のマーケティングとして働いている人が、クライアント先の企業のマーケティングに転職するのが異業種・同職種転職に当たります。

異職種転職は専門知識・ポータブルスキルを活かす

30代の転職で同職種ではなく、異職種を希望する場合には、ポータブルスキルがカギを握ります。その理由と転職をしやすい業界について以下にまとめました。

ポータブルスキルがカギを握る理由

異業種・異職種転職をする場合、一見すると、求職者と応募先の関連性が全くないように見えます。関連性がないと転職はしにくいのですが、そこを突破するカギを握るのがポータブルスキルです。前職の経験・スキルの中で、応募先でも活かせそうなものを前面に押し出してアピールすることで、転職への道が開けます。

ポータブルスキルとは

ポータブルスキルは持ち運びができるスキルという意味ですが、専門知識・技術だけに留まりません。仕事に対する姿勢や対人関係なども含まれます。

ポータブルスキルの例

PDCAサイクルを回せる、マネジメント経験が挙げられます。

異業種・異職種転職が当たり前の業界とは

異職種転職を実現するには、前職の職種を問わない業界の求人に応募するのがベストです。この異職種にも門戸を開いている主な業界というのが、コンサルティング、広告、人材の各業界です。

コンサルティングや広告、人材はクライアントが多岐に渡ります。そのため、各々の業界知識・経験を持っているというのは転職において有利です。上記に挙げた以外にも、組織変革の時期にある企業も異職種転職しやすいと言われています。

同業種・異職種転職が少ない理由

異職種転職の中でも、同業種への転職が少ないのは、社内異動で済んでしまうからです。

中小・ベンチャー企業を狙う

30代で異業種・同職種や異業種・異職種の転職を成功させるためには、中小・ベンチャー企業を狙うのも良い選択肢の一つです。その理由とメリット・デメリットについて以下にまとめました。

中小・ベンチャー企業を狙う理由

転職で大企業・有名企業に行けるに越したことはありません。しかし、同業種・同職種転職であっても、それは叶わないことがあります。30代の異業種・異職種転職であれば、コスト面の問題もあるので、なおさら難しくなってきます。

一方で、中小・ベンチャー企業は経験・スキルのある人材を確保するのに苦労しているところもあるので、採用のハードルが下がります。そこに、しっかりした経験・スキルのあるあなたが応募すれば、採用される可能性が高いです。

中小・ベンチャー企業へ行くメリット

大手企業では研修が整っていたり、仕事の流れが決まっていますが、中小・ベンチャー企業は組織構成もフラットに近く、仕事の裁量が大きいです。また、経験・スキル面以外の人脈や、あなたが大手に勤めていたとしたら、ネームバリューがあるので、会社が人材を獲得しやすくなります。

中小・ベンチャー企業へ行くデメリット

メリットでは裁量が大きいと話しましたが、大手の仕事のやり方に慣れているがゆえに、転職先の社風に馴染まない場合があります。逆に、裁量のある仕事をしたいのに、大手のやり方を導入したいと言われて、思い描いていた仕事ができない可能性もあります。そのため、異業種・異職種転職では、選考を通じて摺り合わせをしっかりしておきましょう。

あなたが大手企業出身でない場合

もしあなたが同ランクの企業から転職を考えている場合には、上記のようなメリットは当てはまらないのではと思うかもしれません。しかし、大手でなくても経験・スキルを評価された上で働くことになるので心配は入りません。逆に、中小・ベンチャー企業の経験があるので、デメリットがメリットになります。

関連記事

  1. 【なるほど!】30代で職歴が多い場合の職務経歴書の書き方

  2. 転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

  3. 零細企業出身30代前半の転職で大手企業の契約社員に挑戦すべき?

  4. 【意外!】ゲーム業界の転職は30代からが勝負なワケとは?

  5. 30代バックオフィス系の人に対して面接で仕事上の成功体験を聞く意図と回…

  6. 【どうする?】30代の転職のために濃いヒゲ・ムダ毛は脱毛すべき?

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較