転職コラム

30代のUターン転職で入るべき優良企業の3つのポイント

30代のUターン転職を失敗しないためにはブラック企業を避けることです。人生を棒に振っては意味がないですからね。そこで、どんな企業に入るべきなのかポイントを3つにまとめました。

地域密着型・ヘビーユーザー密着型である

売上・利益を伸ばすために日本全国だけでなく海外に進出する企業は後を絶ちません。これはこれで正解です。しかし、日本を代表するグローバル企業であっても事業環境の変化や海外企業の突き上げによって経営不振に陥り、事業の再構築に迫られています。そんな中で、ビクともしない企業が日本に多数存在しています。それは、地域密着型・ヘビーユーザー密着型の企業です。

全国・海外展開すれば拠点の維持に多額の費用がかかりますし、クライアント・ユーザーへのフォローも薄くなります。一方で、地域密着型であれば、その該当地域でしかビジネス展開していないので、クライアント・ユーザーへのフォローが手厚くなり、更なる熱烈な支持を得られることになります。そうすると、ヘビーユーザーはもっと商品・サービスを買ってくれます。

右肩上がりの成長を続けている

地域密着型・ヘビーユーザー密着型であれば、特定の地域・ユーザー層しか相手をしていないので、売上・利益ともに右肩上がりの成長はできないのではと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

地域に密着し、ヘビーユーザーに密着することによって口コミが広まり、日本全国や海外から注文が来るようになるので、売上・利益ともに右肩上がりの成長を続けることが可能です。

例を挙げると、銭湯という狭い空間でファンと目と鼻の先の距離で同じ時を共有することによって、徐々に火が付き、最終的にはCDを何百枚も買うほどの熱狂的なファン生み出し、全国的な知名度を得たアイドル?グループがありました。

どこかで見たり聞いたりしたことがあるような話ですが、このようなビジネスモデルは強いです。不況もものともしません。

社員の家族・友人も働きたいと思っている

地域密着型・ヘビーユーザー密着型の企業は景気に左右されず、右肩上がりの成長を続けられるので、自然と給料や福利厚生を良くすることができます。もちろん、経営者が搾取をしないということが前提ですが、このような企業の経営者はそんなことはしません。

給料や福利厚生が良いとどういうことが起こるのでしょうか?当然、社員の満足度はとても高くなります。だから離職率は低くなり、新卒で入社して定年まで30年間以上勤め上げる人が多数います。それだけでなく、そこで働いている社員の家族や友人が、私もその会社に入りたいと言うようになります。

世間一般的にはこういう企業のことをホワイト企業・優良企業と言いますが、Uターン転職では大企業ではなく、優良企業に入ることが成功につながります。

地域密着型の優良企業に転職する方法

一般的な求人探しの方法は転職サイト、転職エージェント、ハローワーク、企業サイトからの直接応募ですが、30代のUターン転職の場合には転職エージェントをメインにして求人探しをした方が良いです。

なぜなら、地域密着型の優良企業は中小企業に多く、ほとんどの企業が株式上場していないので、詳しい情報を得ることが難しいからです。そのため、企業の内部情報を詳しく取材している転職エージェントを活用した方が希望の企業を見つけやすいです。

また、転職エージェントも全国型、地域密着型、マッチング度の高さなど複数のタイプを利用した方が良いです。全国型・地域密着型の転職エージェントは求人数を集めるために利用し、マッチング度の高い転職エージェントはピンポイントで求人を得るために利用します。

では具体的にどこを利用すれば良いのかというと、全国型の転職エージェントはdodaとリクルートエージェントです。どちらも拠点数が多いだけでなく、求人数も100,000件前後と圧倒的に多いです。地域密着型の転職エージェントはあなたのUターン先のエリアを専門にしているところを選びましょう。そして、マッチング度の高い転職エージェントはパソナキャリアです。一都三県、東海、関西エリアにUターンするのであればおすすめです。

まとめ

30代のUターン転職で入るべき優良企業を選ぶためのポイントは3つあります。

  • 地域密着型・ヘビーユーザー密着型である
  • 右肩上がりの成長を続けている
  • 社員の家族・友人も働きたいと思っている

この3つのポイントを元に求人探しをするわけですが、個人で情報収集をするのは難しいので、転職エージェントを活用しましょう。その際に、総合型、地域密着型、マッチング度の高さの3つのタイプの転職エージェントを利用することで効率的に転職活動を進めることができます。

下記の記事も参考にすると転職に役立ちます。

関連記事

  1. アラサーの転職で年収アップしたいなら自分の市場価値を知ろう

  2. 30代前半の燃え尽き転職が失敗しやすい3つの原因

  3. 20代後半までに転職市場価値を高めておくと得する理由

  4. 第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメな…

  5. 働き方改革の裏で静かに進行する終身雇用制度の崩壊に20代・30代が備え…

  6. 転職を20代後半の男が本気で考えた時に真っ先に知るべき情報5選

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較