転職コラム

転職を20代後半の男が本気で考えた時に真っ先に知るべき情報5選

20代後半は就職してから年数が経過して仕事や職場に慣れた頃でしょうが、30代を目前に転職を考える男性は少なくないです。

なぜなら一定のキャリアを得て、新卒の時に叶わなかった企業へのリベンジ転職を果たすチャンスだからです。

だからこそ、頭の中は憧れの企業のことで一杯になっていても、転職を本気で考えるのであれば、新卒の時と同じような失敗を繰り返してはいけません。まずは、今回の記事で解説する5つの情報を真っ先に知っておくべきです。

そうすれば、転職の方向性が定まり、選考に応募する機会を減らすことなく、転職をすることが可能です。

20代後半の男性向けの求人数を把握しましょう

無鉄砲に転職活動をしても上手くはいかないので、転職を考えるのであれば、まずは20代後半の男性向けの求人数を把握することが大事です。

20代の人材は若いですし、定年まで勤務してもらえる可能性があるので、積極的に採用したい企業は多いです。ですから、20代前半や半ばに比べると数は少なくなるものの、20代後半の男性向けの求人数は充実しています。ただ、30歳を超えると未経験で応募可能な求人が減ってしまい、経験者を募集する企業がかなり多くなります。

仕事続けながらの場合も退職して転職活動一本に取り組む場合も、簡単に次の職場が決まるとは限りませんが、選択肢が多い20代後半のうちに最高の企業を発見し、採用されるために努力すべきです。

まだキャリアを変更できる年代

20代後半の男性は未経験の業界や職種の求人に応募可能なので、キャリアを変更できる年代と言えます。就職した企業の業界や職種が自分に合っていなかったり、給料や福利厚生が十分ではなかったりといった場合は、転職を成功させることで新しいスタートを切ることができます。

29歳までは未経験歓迎や可能の求人に応募できたとしても、30歳になった途端に経験者向けの求人がメインの選択肢となります。そのため、キャリアを変更したいと考えている男性は、転職活動に充てる時間を多く確保し、懸命に取り組むことが重要です。

転職活動に充てる時間の確保が難しい場合でも、退職を検討することは止めましょう。自分は大丈夫だと思っても、リスクがあり過ぎます。

経験した業種や職種の企業には転職しやすい

転職を考えている20代後半の男性は、高卒の場合は10年程度、専門卒や大卒の場合は5年以上、就職した企業に勤務しているでしょう。数か月や半年程度しか勤務していなければ、転職市場では経験者として見てもらうのは難しいですが、1年や3年、5年とまとまった期間で勤務している場合は、経験者として見てもらえるようになります。

まだ20代という若さに加えて基礎的な仕事は一通り理解しているため、企業にとっては魅力的な人材と言えます。ですので、就職した企業と同じ業界や経験した職種で転職先を探す20代後半の男性は、短期間で活動を終了できる可能性があります。また、自分から動かなくても企業の方からアプローチしてくることも考えられます。

選択肢が多くなるのは良いことなので、企業の将来性や給料の見通し、担当する仕事など様々な部分を検討し、徐々に絞り込みましょう。ただ、求人には応募期限があるので、忘れないように注意しながら選ぶことが大切です。

転職する場合としない場合を比較してみよう

20代後半で職務経験は6年と仮定して、転職する場合としない場合を比較すると、本当に転職をすべきかどうかが見えてきます。

例えば、現在勤めている会社の人間関係、収入、業界・職種、企業規模と志望先とを比較して、人間関係は新たに築かなければならないものの、志望先の方が収入が良く、新卒の時には叶わなかった希望の業界・職種・企業規模なら、転職をする決断はありです。

一方で、現状に満足していて、人間関係を一から築きたくない場合には、目を付けている企業の条件が良かったとしても、転職しない方が良いです。

自分がどこに重きを置くかによって転職すべきかどうかが変わってくるので、簡単に済ませずに、入念に比較をしましょう。

転職を迷っているなら求人をチェックしよう

かなり本気で転職を考えていながらも、まだ迷っている部分があるという20代後半の男性は、求人をチェックしてみることをおすすめします。頭の中だけでは同じことを何回も繰り返すだけになってしまい、答えが出ない可能性があるためです。

そこで、興味のある業界や職種の求人でも良いですし、何となくでも良いのでとにかく求人を見ましょう。すると、やりがいを感じられそうな仕事を発見したり、高待遇の企業を知ったりなど、転職に対して前向きに考えられるようになります。転職者向けの求人はハローワークや求人誌などはもちろん、転職サイトも活用すべきです。

特に、転職サイトは幅広い企業の求人や優良企業の求人を掲載しているので、魅力的な転職先を見つけられます。また、求人を見る時間は少なかったとしても、転職サイトに登録さえしておけば、希望条件に合致する企業の求人が掲載された時に知らせてもらえますし、企業からスカウトを受ける場合もあります。

関連記事

  1. 【なるほど!】30代で職歴が多い場合の職務経歴書の書き方

  2. 【どうなの?】30代男性の転職で看護師を目指すのはありか?

  3. 【失敗しない】20代の転職は資格があったほうが有利なたった一つの理由

  4. 30代のUターン転職で入るべき優良企業の3つのポイント

  5. 【本当?】転職を30代前半で考えた時どんなところをアピールすべき?

  6. 30代男性が残業が少ない会社に転職したいなら固定残業代20~30時間分…

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較