転職コラム

【まだ間に合う!】20代の転職で有利になるために知っておきたい5つのコツ

経験が豊富な30代や40代だけではなく、まだ若い20代で転職を検討している男性は早めに行動することは大事です。ただ、できるだけ有利に進めるためには、5つのコツを知っておくと良いでしょう。

若さをアピールしよう

新卒で入社した企業を退職し、次の職場を探すつもりの20代男性は、転職を有利に進めるために若さをアピールすることをコツとして知っておきましょう。社会人経験があるので落ち着いた雰囲気を出す方法もあります。

しかし、若さをアピールするなら面接の際は普段よりも少し大き目の声を意識して受け答えをしたり、志望動機や自己PRを熱心に伝えたりなど、がむしゃらな姿勢を見せる方が印象に残りやすいです。

これが30代や40代になると即戦力を募集することが多くなるので、若さは武器になりませんし、企業側も求めていません。20代はまだ若さが武器になる年代なので、自分の魅力の1つとして使用すべきです。

1歳でも若いうちに転職先を決めることが大事

20代の男性が転職を有利に進めるためのコツは、1歳でも若いうちに転職先を決めることです。20代は若いので企業にとっては貴重な人材ではありますが、20代の前半や半ばと後半では印象が変わります。

20代の前半や半ばで転職を考えている人材は、就職した企業に勤務していた期間は数年でしょう。まだ吸収できる余地が十分に残っているので、企業としては魅力的です。ただ、20代の後半になると高卒では10年程度、大卒では5年程度は勤務していることになります。

経験が豊富な点は魅力の1つですが、20代の前半や半ばに比べると吸収できる余地が少ないと判断される場合があります。ですから、20代の半ばは後半になる前に結果を出すべきですし、すでに後半の場合は経験を活かせる企業をメインに探すと良いです。

仕事を通して身に付けたことをアピールする

転職を有利に進めるためには、仕事を通して身に付けたことのアピールもコツの1つです。就職した企業が理想とかけ離れていたり、希望していた業務ではなかったりなど、不満の方が多かった可能性はあります。しかし、仕事に取り組んでいたわけですから、学んだことは必ずあります。

勤務期間が短ければなかなか思い浮かばないでしょうが、挨拶の仕方や電話応対など専門的な知識や経験だけではなく、社会人として必要な常識やマナーを身に付けたこともアピールになります。

30代以上の転職の場合、常識やマナーを身に付けていることは当たり前なので、アピールにはなりませんが、20代の人材であれば評価されます。

なぜなら、新卒が研修やOJTを通じてトレーニングをしていかないといけないことを既に身に付けているからです。

なおかつ、先述のように20代ならではの柔軟な吸収力と一定のキャリアも持ち合わせているので、特に20代半ば以降であれば、企業としてもコストパフォーマンスの良い人材を獲得できるというメリットがあります。

転職を決意した理由をわかりやすくまとめる

30代や40代での転職は一般的ですが、20代はまだ若くて成熟していません。また、時間を割いて就職活動に取り組み、入社した企業を退職してまで次の職場を目指すわけですから、選考を行う企業は転職を決意した理由を知りたいと考えています。

そのため、面接の際はほぼ確実に質問されることになるでしょう。しかし、この質問に対しては素直に思っていることを伝えるだけなので、理由を後付けする必要はないです。

ただ、面接の時間に限りがあるので、長々と説明するのではなく、わかりやすくまとめることは大切です。理由の内容は評価に影響しますが、簡潔に伝えることも評価されるので、わかりやすくまとめることは転職を有利に進めるコツの1つと言えます。

では具体的にどのような転職理由を作れば良いのかというと、チャレンジをしたけれども限界を感じたという流れで作ると良いです。なぜなら、「困難・問題に直面した時に、どのように対応したのか」というエピソードからは、その人の性格・職業観を知ることができるので、採用担当者にとっては格好のネタだからです。

このチャレンジネタは成功である必要はありません。むしろ失敗というか、やることはやり尽くしたことを示すことによって、納得のできる転職理由になります。

新卒に近い待遇の企業を見つけよう

20代の若い年齢であれば、新卒に近い待遇の企業へ転職できるチャンスがあります。たとえば、入社していきなり現場で仕事をするのではなく、じっくりと研修を受けるところからスタートできれば、焦らずに少しずつ力を付けられます。

また、現場で仕事をするようになってからは、色々な部署を経験することで成長できます。そのため、新卒に近い待遇の企業を狙うことは、転職を有利に進めるためのコツです。

ただ、20代でも実力を武器に活躍できる企業へ転職を希望している男性は、少しずつレベルアップできることよりは、結果を出せるかどうかだったり、高待遇だったりなどを基準に応募する企業を選ぶ方法もあります。

では、どうやって新卒に近い待遇の企業を探せばよいのかというと、転職サイトであれば、検索窓で、「第二新卒歓迎」「未経験者歓迎」といったキーワードで検索をします。通常の求人検索結果に出てくる求人募集要項の中に先程のようなキーワードが出てくる企業をピックアップするという形でも構いません。

また、既卒・フリーター・第二新卒などの20代若年層向けの就職エージェントを利用するのも、新卒に近い待遇の企業を探す手段になります。こちらの探し方の方が、求人と求職者のマッチングが合っているので、転職できる確率が高いです。

まとめ

  • 少し大きめの声で、自己PRや志望動機を熱っぽく語ることによって若さをアピールしよう
  • 20代半ばまでは柔軟性がメインだが、20代後半は経験をメインにみられるので、1歳でも若いうちに転職先を決めることが大事
  • 仕事を通して身に付けたことをアピールすると20代ではプラスに評価される
  • 転職を決意した理由をわかりやすくまとめる
  • 転職サイトで条件指定して求人検索したり、20代若年層向けの就職エージェントを利用して、新卒に近い待遇の企業を見つけよう

関連記事

  1. 【重要!】転職を20代で成功させる3つの秘訣とは?

  2. 30代前半未経験からWebマーケターになりたいならブログを始めよう

  3. 転職がうまく行かない30代が気をつけるべき4つのポイントとは?!

  4. 【必見】転職を考える30代男性が選ぶべき未経験OKの仕事とは?

  5. 【知りたい!】転職の面接で20代の男性が気をつけるべき服装のポイントと…

  6. 【意外!】ゲーム業界の転職は30代からが勝負なワケとは?

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較