転職コラム

【どうする?】30代の転職のために濃いヒゲ・ムダ毛は脱毛すべき?

30代の転職で気になり出すのが、ヒゲです。年々濃くなるヒゲにどう対応すればよいのか解説しました。

濃いヒゲでも剃っておけば転職は不利にはならない

面接では清潔感があるかということを重視するため、頭ボサボサ、髭ボーボー、スーツはヨレヨレ、靴は汚いとアウトです。そのため、ヒゲが濃くてもきちんと剃っておけば、面接では問題にはなりません。履歴書の証明写真撮影時も、綺麗に剃っておいた方が良いでしょう。見た目をきちんとしておけば、後は仕事ができるかどうかで判断します。

また、アパレル系ではヒゲがあっても気にしない会社もあると言われていますが、多くの一般企業や特に接客業では気にした方が良いかもしれません。カミソリ負けして肌が荒れやすい人がいるので、肌のお手入れを入念にするか、今後ヒゲを生やす予定がなければ、ヒゲ脱毛しましょう。夕方になるとヒゲが濃くなってくる人は、面接の前にトイレでヒゲが剃れるように、シェーバーを持参しておきましょう。

指毛・腕毛が濃くても基本は転職に問題なし

ヒゲと同様に指毛・腕毛が濃くても転職には不利になりません。一般企業の面接では特に剃る必要はありませんが、飲食関係などの接客業の場合は、仕事をする際に手をよく見られるので、気にした方が良いかもしれません。お客さんに不快感を与えない意味でも、採用が決まった後で、脱毛しておいた方が良いでしょう。

なぜヒゲが濃くなるのか

30代以降になるとヒゲが濃くなってきます。20代の時は青くならなかった人でも、30代に入ってからだんだんと濃くなり、剃っても夕方には生えてきて、青さが目立つようになります。原因としては、生活習慣の乱れや男性ホルモンの増加によるものです。いったん濃くなったヒゲは薄くなることはなく、60歳くらいまで濃くなると言われています。

気になるなら脱毛しよう

ヒゲ脱毛のメリット

朝にヒゲを剃る必要が無くなるため、時短になります。ヒゲ剃り自体はそんなに時間はかかりませんが、ギリギリまで寝ていて、遅刻しそうになった時でも、ちょっと剃るか、全く剃らずに会社へ行けます。

そのヒゲ剃り時に発生しやすいカミソリ負けの悩みも無くなります。血だらけとは言いませんが、肌が荒れて、炎症を起こしたり、ニキビになることの悩みから解放されます。また、最近は男性の美容意識も高まってきていて、ヒゲ脱毛をすることで、第一印象が良くなります。面接で若々しさをアピールできますし、営業先でも良い印象を持たれるでしょう。

ヒゲ脱毛のデメリット

当然ですが、施術は1回では終わりません。少なくとも8回、ヒゲが濃い人によっては10回、20回とかかることもあります。値段も昔よりは安くなりましたが、一定の費用がかかります。

レーザーはメラニン色素のある黒い部分に反応するため、ほくろやニキビにある毛は脱毛できませんし、日焼けもできません。日焼けしている時や毛の太さによって痛みが伴うため、注意が必要です。

脱毛の種類はどれがいい?

永久脱毛できるのは、医療機関が行う医療レーザー脱毛とニードル脱毛です。脱毛器やサロンで行う脱毛は一時的な減耗に過ぎません。おすすめは医療レーザー脱毛です。

医療レーザー脱毛のメリット

減耗であれば、おおよそ5~8回と早く終わらせることができます。医療レーザー脱毛は高いと思うかもしれませんが、以前より値段が下がってきていて、割引や分割払いを利用することで安価に脱毛できます。また、医療機関で施術するため、麻酔を使うことができ、痛みを避けることが可能です。

医療レーザー脱毛のデメリット

将来毛を生やしたくなった時に生えなくなります。そこで、完全に脱毛せずに、薄くしてもらうこともできます。脱毛中は日焼けができないため、日差しの強くない、秋から冬にかけて行うのがベストです。乾燥肌、ニキビ、内出血といった肌トラブルのリスクにも注意です。

関連記事

  1. 【どうなの?】30代男性の転職で看護師を目指すのはありか?

  2. 働き方改革の裏で静かに進行する終身雇用制度の崩壊に20代・30代が備え…

  3. 30代男性の転職で確認しておきたい情報5選

  4. 転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

  5. 【知りたい!】転職の面接で20代の男性が気をつけるべき服装のポイントと…

  6. 【まだ間に合う!】20代の転職で有利になるために知っておきたい5つのコ…

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較