転職コラム

20代・30代の転職でTOEICのスコアよりも英会話力が重要な理由と対策

就職に限らず転職でもTOEICスコアを求める企業がありますが、本当に重要なのはTOEICではなく、英会話力です。ここでは、その理由と英会話習得においてどう対策したらよいのかを解説しました。

英語が話せないと意味がない

いくらTOEICで900を超えるような高スコアを獲得しても、話せなかったら全く意味がありません。ビジネス文書の翻訳や理解であれば、意味があるのかも知れませんが、企業が本当に求めているのは英会話力なのです。

なぜかと言うと、企業は求職者が海外の企業との商談やコンペで仕事を受注するための交渉やプレゼンテーションをして欲しいからです。ビジネス文書の読み書きの能力も確かに必要ですが、会話の方が遥かに重要なのです。

重要な仕事では通訳を使う

いくらTOEICスコアが高くても、話せないと意味がないと前に書きましたが、中途半端に話せても意味がありません。

なぜかと言うと、仕事を失注してしまう可能性が高いからです。ちょっとした言葉のニュアンスだったり、言い間違いによって、新規や既存の顧客に間違ったメッセージを送ることになります。

英語を使う仕事は商社のように大きなお金が動いたり、重要なことが多いので、ミスをしてしまうと大変なことになってしまいます。そうならないように、重要な仕事では、中途半端な英語が話せる人よりも、正確に英語を話せるプロの通訳を雇うわけです。もしあなたが、プロの通訳並みに英会話ができるのであれば、企業から引く手数多でしょう。

実際に企業ではどうなのか?

実際に企業ではどのくらいの語学力を求めているのか、例を3社挙げて解説します。

楽天が求める語学力

楽天では、TOEICスコアそのものが選考に影響することはありませんが、入社までに800点を取得することが求められています。また、開発部の半数が外国籍で占められていて、会議やその他業務で英語が求められています。このことから、単に800点以上というスコアだけでなく英会話力が必要とされていることが分かります。

コナミデジタルエンタテイメントが求める語学力

知的財産・特許では、750点以上、海外デジタルプロモーションでは、ビジネスレベルかつ実務での英語使用経験、グローバルビジネス推進(遊戯王コンテンツ)では、ビジネスレベルの英語力(特に会話)、海外ビジネス推進では、ビジネス英語(海外企業・クライアントとの交渉が遂行できるレベル)とあるように、仕事で海外とのやり取りが発生する職種ではTOEICスコアだけでなく、実際に会話ができるかどうかというのが問われています。

JTBが求める語学力

JTB.Polestar Co.,Ltd.のインバウンド業務(企画、手配、お客様対応など)では、英語によるコミュニケーションが可能な方(英語による電話やメールのやりとりが多い為)とあり、他のJTBグループでも海外との折衝がある職種は英会話力が必要になってきます。

どうすれば英会話ができるようになる?

英会話ができない原因と習得の方法についてまとめました。

聞き取れないと話せない

そもそも何を言っているのか分からなかったら、話しようがありません。ヒアリングが大事です。では、どうやって聞き取れるようになるのでしょうか?

語彙力がないと聞き取れない

相手が話していることを聞き取るためには、語彙力が必要です。つまり、単語を多く知っていれば知っているほど、聞き取りやすくなるわけです。

発音・リズムを知らないと聞き取れない

単語にはそれぞれ発音があります。正しい発音の仕方を知ることで、聞き取りやすくなります。また、リエゾンと言って、単語同士がくっつくと発音の仕方が代わります。

例えば、get outは普通に発音すると「ゲットアウト」ですが、「ゲラウト」や「ゲタウト」のように変わります。他にも消失音といって、get downであれば、「ゲッダウン」と発音し、tの部分は発音しなくなります(口の形としては発音する)。

そのため、想定していた単語の切れ目と実際の切れ目が異なり、会話のリズムに追いつけず、聞き取ることができなくなるのです。

英語を聞き取って話せるようになる方法

語彙力を上げるためには、分からない単語を英英辞書で調べて、類義語・類似語をまとめて覚えてしまうことです。

発音はフォニックスを覚えた上で、リエゾンや消失音、会話のリズムなどに注意して英会話のCDを聞きましょう。おすすめの英会話教材は、ALL IN ONE第4版です。

英会話教室やオンライン英会話はあくまでも会話の練習で利用すべきで、上記のような事前の準備があって初めて効果を発揮します。

英語を話せるようになるまでどれくらいかかるのか?

速くて3ヶ月、一般的には6ヶ月~1年です。これは、学校で習ってきた英語力によって左右されます。英語がチンプンカンプンな人は時間がかかります。

関連記事

  1. 30代のUターン転職のメリット・デメリットと対策

  2. 【重要!】転職を20代で成功させる3つの秘訣とは?

  3. 20代後半までに転職市場価値を高めておくと得する理由

  4. 【本当?】転職を30代前半で考えた時どんなところをアピールすべき?

  5. 転職を20代後半の男が本気で考えた時に真っ先に知るべき情報5選

  6. 転職がうまく行かない30代が気をつけるべき4つのポイントとは?!

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較