転職コラム

零細企業出身30代前半の転職で大手企業の契約社員に挑戦すべき?

30代前半で、零細企業から契約社員だけど大手企業にステップアップ転職したいと考えた時にどうすれば良いのかをまとめました。

現状によって決める

既婚なのか独身なのか、夫婦共働きなのかで取る対応が違ってきます。

既婚者の場合は安定を選ぶべき

既婚者であれば、現職のままか、安定している中小企業の正社員を選ぶべきです。子供がいればなおさらです。ただし、共働きで、奥さんの理解があれば、大手企業の契約社員にチャレンジしても良いかもしれません。

独身の場合は挑戦してもよい

独身男性はどちらを選んでもよいが、自分のやりたいことができるのかどうか、スキル・経験、募集企業の求人内容・業種を鑑みた上で決めましょう。

景気に左右されやすい業界・会社は避けるべき

家族を持っているかどうかに関わらず、景気による浮き沈みの激しい業界なのかどうかを知っておくことも必要です。なぜかと言うと、せっかく入ったのに、景気が悪くなってリストラの憂き目に遭ったり、現職よりも給与が少なくなってしまっては意味がないからです。

大手企業の契約社員に挑戦した方が良い理由

先に、30代前半独身であれば、契約社員にチャレンジしてもよいと書きました。ここでは、なぜ大手の契約社員に挑戦した方が良いのか解説しました。

経歴に箔が付く

30代半ばまでは大手の契約社員で複数年働いて正社員に採用されればよし、採用されなくても大手企業と仕事をしてきた箔が付くので転職がしやすいです。

例えば、電通・博報堂など広告業界の大手であれば、大手上場企業などクライアント先への転職もありえますし、グループ会社の正社員への道も開けます。また、リクルートのCV職であれば、転職支援があるので、再転職できる確率も高く、限定正社員への道もあるのでおすすめです。

下手な中小企業よりも年収が良い

大手企業の正社員は年収ベースが高いこともあり、契約であっても下手な中小企業よりは年収が高い場合が多いです。

中小企業の正社員にした方が良い理由

大手企業の契約社員にも良いところがありますが、中小企業の正社員にも良いところがあります。その点について解説しました。

意外に待遇が良い場合がある

全ての企業ではないですが、退職金があります。また、優良企業であれば、大手企業よりも給与が良いです。そういった企業を選ぶポイントの一つとしては、その企業にしかない商品・サービスがあるという点です。競争が少なければ、利益率も良いので、給与面にも反映されやすいからです。

零細企業よりも組織的で、大手企業よりは自由度が高い

大手企業では分業化されていることでも、中小企業では分業化されていないこともあるため、自由度が高く、総合的な力が付きます。そう考えると、零細企業のままの方が良いのではと思うかもしれませんが、今よりもステップアップして組織だった企業で安定してキャリアを積むという点では、中小企業はベストです。

雇用が安定している

大手の契約社員は仕事ができないと、1年で契約が終わることがあるため、転職に不利になる恐れがあります。1年で契約が終了することを告げられた場合、次の仕事を探さなけらばなりません。しかし、中小企業の正社員であればそういった不安もありません。

まとめ

既婚者は、共働きで、奥さんの理解があり、将来のキャリアにプラスになるのであれば、大手企業の契約社員への転職はOK。独身者は、将来のキャリアにプラスになるのであれば、大手企業の契約社員への転職はOK。

関連記事

  1. 第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメな…

  2. 30代前半未経験からWebマーケターになりたいならブログを始めよう

  3. 営業を辞めたい20代後半の人必見!営業辞めたい理由別の対処法を解説しま…

  4. 30代の転職面接でマネジメント経験の無さを指摘されたら類似体験を語ろう…

  5. 【どうする?】30代の転職のために濃いヒゲ・ムダ毛は脱毛すべき?

  6. 【なるほど!】30代で職歴が多い場合の職務経歴書の書き方

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較