転職コラム

【実録】30代の男のための転職エージェントの見極め方5選

30代の男が転職エージェントを有力なパートナーにできるようにするにはどのような点を見極めるのが大切なのでしょうか。年齢的な状況から考えて、何を転職エージェントに求めるべきかを考えてみましょう。

職種への専門性が高いかを見極める

30代の転職ではキャリアを生かしてワンランクアップを目指すのが基本です。専門性が高い職種で働いている人ほど、その専門的なスキルや知識の良し悪しを正しく理解できる転職エージェントが必要になります。

まずは自分の能力を簡単に説明して、どのような点が優れているのかを教えて欲しいと伝えてみましょう。その職種を取り巻く現在や将来の状況を考えて客観的な説明ができる転職エージェントであれば心配ありません。

自分のキャリアを生かして魅力的な企業とのつながりを作ってくれると考えられます。専門性が低い場合には他の担当者を依頼するか、他の転職エージェントにも相談してみるのが大切です。

キャリアに対する考え方を伺う

これからまだ30年程度は働ける30代にとってキャリア構築は途中の段階にあります。今後のキャリアについて自分なりに考えているものと、転職エージェントが理想的だと考えるものが一致しているとしっかりとした協力を得ることが可能です。

自分でキャリアパスを考えていたとしても、あえてどのようなキャリアを考えられるかを聞いてみましょう。自分からキャリアパスを説明してしまうと、説得して転職エージェントが考えるキャリアパスに近づけようとする可能性があります。

自分の考えに忠実に求人を紹介してくれたとしても、選り好みをされてしまって精力的に貢献してくれない可能性があるので見極めておくべき観点です。

ヒアリング内容と求人内容を比較対照する

マッチング力の良し悪しを見極めることも30代にとって重要になります。最初の面談で受けたヒアリングで話した内容と、面談中や面談直後に紹介してくれる求人の内容を比較対照してマッチング力を確かめましょう。

転職エージェントは初紹介のタイミングなので求人の選択肢が豊富にあります。その求人がかなり希望に合っているものでなかったら、今後もなかなか良い求人を紹介してもらえずに悩むことになりかねません。

マッチング力が不足しているのではなく、単純に求人の獲得力が足りなくて紹介できないケースもあります。このどちらも排除できる方法なので、初回の紹介内容についてよく吟味することが肝心です。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントの良し悪しを見極めるための基本的な手法として、複数の転職エージェントに登録して比較するのも重要です。他の転職エージェントの対応と比較してみないと、何が優れていて、何が劣っているのかが明確にはなりません。

少なくとも2つ、できれば3つか4つは登録してまず比較してみましょう。大勢と連絡を取り合うのは大変になりがちですが、この転職エージェントの方が良いと思える点がいくつも見つかってくると自然に篩をかけられるようになり、最少数の転職エージェントとやり取りをしながら転職活動を進められます。

まずは最初に少し労力をかけて面談や求人紹介を受けてみるのが賢明なのです。

職務経歴書を渡して反応を確認する

30代の男は現場経験を積んで職務経歴書の内容も濃くなってきます。まずは職務経歴書を書いて渡してみるのも転職エージェントを見極めるのに効果的な方法です。職務経歴書の添削は転職エージェントが行ってくれるサービスの一つとして代表的なので最初に申し出てみましょう。

ただ褒めることしかできないのであれば職務経歴書をほとんど読んでいない可能性があります。細かな誤字脱字をあえて少し入れておいて細かく読んでいるか試してみても良いでしょう。

職務経歴書を読むのは転職エージェントにとって時間のかかる部分です。それを丁寧に行ってくれる人であれば行き届いたサービスをしてくれると期待できます。

転職エージェントの見極め事例

先述の5つの見極め方を元にした転職エージェントの見極め事例を紹介します。

転職希望者の人物像

年齢:34歳
経験職種:広告業界の営業職
転職理由:紙媒体から将来性のあるネット媒体の広告営業に移りたい
希望の転職先:同業種・同職種

これまで紙媒体の広告を取り扱ってきたあなたは、これ以上の発展が見込めない紙媒体よりも、将来性のあるネット媒体の広告を取り扱う仕事がしたいと考えています。そこで、あなたは広告・web業界に強い転職エージェントと総合型転職エージェントの3社に登録をしました。登録の際に履歴書と職務経歴書を送り、面談に臨みました。

総合型転職エージェントのA社は、「良くできている職務経歴書です」と褒めて、すぐに求人を紹介してきました。しかし、広告営業の求人はあるものの少なく、他業界の営業職の求人が多く混ざっています。

次に、総合型職エージェントのB社は、職務経歴書に対する見解の前に、カウンセリングをしました。どんな業界・職種を志望しているのか、多少志望がずれても良いのか、30代半ば以降はどのようなキャリアを築いていきたいのかを中心に話が進み、求人紹介は後日にということになりました。

そして、広告・web業界専門のC社も、B社と同様に細かくカウンセリングを行い、職務経歴書の添削もしてくれました。求人の紹介もありましたが、職務経歴書の手直しが必要なので、本格的な紹介はまた後日ということになりました。

さて、あなたはどの転職エージェントを選ぶでしょうか?このケースで選ぶべき転職エージェントはB社とC社です。A社は早く選考を受けさせて転職をさせて儲けようという魂胆が透けて見えます。一方でB社とC社はじっくりと細かく話を聞いて、相談者に合った求人を紹介しようとしています。

まとめ

  • まず、総合型と専門型の複数の転職エージェントに登録する
  • 登録の際に職務経歴書を渡して、褒めるだけなのか、細かく指摘してくれるのか反応を確認する
  • 特に総合型の転職エージェントは、職種への専門性が高いかを見極める必要があるので、拙速に事を進めてはいけない
  • カウンセリングでは、敢えて用意してきたキャリアビジョンを話さずに、逆にキャリアに対する考え方を伺う
  • ヒアリング内容と求人内容を比較対照することによって、転職エージェントと自分がマッチしているかを確認する

関連記事

  1. 【検証】20代男性の転職は大手を目指すべき3つの理由

  2. 30代の転職でブラック企業を避けるための見分け方

  3. 転職を20代後半の男が本気で考えた時に真っ先に知るべき情報5選

  4. 【なるほど!】30代で職歴が多い場合の職務経歴書の書き方

  5. 30代の転職面接でマネジメント経験の無さを指摘されたら類似体験を語ろう…

  6. 30代男性の転職で確認しておきたい情報5選

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較