転職コラム

【なるほど!】30代で職歴が多い場合の職務経歴書の書き方

転職歴の多い人が悩むのが職務経歴書の書き方です。20代なら何とかなったけど、30代になるとさらに経験が増えて、あれもこれもアピールできることは書きたくなります。そこで、30代で職歴が多い場合の職務経歴書の書き方についてまとめました。

なるべく簡潔にまとめて書く

一般的に職務経歴書の枚数が多いことは書類選考上マイナスになります。そこで、なるべく簡潔にまとめて書くことが重要です。

なぜ簡潔にまとめないとマイナスになるのか

転職というのはあなたという商品を、応募先である企業に売ることです。商品を売るのに、商品説明が書かれた何十ページにもなるカタログを見せるでしょうか?また、企業の方もそれを読みたくなるでしょうか?違いますよね。簡潔にまとめた資料と、その場でのプレゼンテーションがあれば充分です。職務経歴書も同じで、簡潔にまとめることが次のステップにつながります。

職務経歴書の枚数は何枚がいいのか?

簡潔に職務経歴書をまとめるのであれば、枚数は2枚以内がベストです。3枚でもダメではないのですが、採用担当者は多くの応募者がいる中で、枚数の多い職務経歴書を読んでいる時間はありません。

どうやって職務経歴書をコンパクトにまとめるのか?

30代だとまともに職務経歴書を書くと相当な枚数になってしまいます。一見、コンパクトにまとめるのが難しそうに思われますが、方法はあります。その方法は、キャリア式です。

キャリア式の職務経歴書のメリット・デメリット

キャリア式とは、時系列で職務経験を書くのではなく、キャリアごとにまとめて書く方法です。そのメリット、デメリットについて解説しました。

キャリア式の職務経歴書のメリット

キャリア式で職務経歴書を書くメリットは次の2つです。

1転職回数の多さを感じさせない

時系列で書く編年体式は、職務内容の部分を会社ごとに書くため、転職回数の多さを感じさせてしまいます。ところが、キャリア式であれば、職種ごとにまとめて書くため、転職回数の多さを感じさせません。

2キャリアの一貫性をアピールできる

職種ごとにまとめて書くということは、キャリアの一貫性をアピールすることができます。A社で広告営業を2年間、総務を2年間担当していて、B社で広告営業を3年間担当していた場合、広告営業でまとめて書けば、5年間のキャリアとしてアピールできます。

キャリア式の職務経歴書のデメリット

キャリア式で職務経歴書を書くデメリットは3つあります。

1職務経験の時期や順序が分かりにくい

職種ごとにまとめて職務内容を書いてしまうため、どの時期にどの順序で経験したのかが分かりにくくなってしまいます。

2職務経歴書を編集するのに時間がかかる

例えば、5社・6社と職歴がある場合、共通する職種を一貫性のあるように見せるための編集に時間がかかります。最初に社歴をまとめて書いて、その後に職種ごとにまとめて書く方法と、営業職の中で会社ごとに分けて書く方法があり、何れにしても手間がかかります。

3キャリアにブランクがあると思われてしまう

職種ごとにまとめて書くとブランクがあるのではないかと疑われやすいです。しかし、一つ前のデメリットで述べたように、最初に社歴をまとめて書くか、職種の中で社歴を分けて書くので、そこまで気にする必要はないでしょう。

キャリア式の職務経歴書の構成

編年体式とキャリア式の職務経歴書の違いは、職務要約と職務内容、退職・転職理由の書き方です。

職歴が多い場合のキャリア式の職務経歴書の項目

職務要約、社歴、職務内容、活かせるスキル、自己PR、退職・転職理由の順に記載します。編年体式の職務経歴書と項目が少し違うのは、社歴だけをまとめて書く点です。勤務先ごとに職務内容を書いていくと、冗長になるので、分けて書くことで見やすくなります。

職務要約の書き方

職務要約を時系列で書いていくと、要約にならない長さになってしまいます。そのため、営業を6年間、人事を3年間経験という風に、職種ごとにまとめるのがキャリア式の職務要約になります。

職務内容の書き方

職務内容も職務要約と同じように職種ごとにまとめて書きます。複数社で経験した職種がほぼ同じであれば、合算して書きます。A社で新規開拓営業、B社で既存営業、C社で営業管理を経験していれば、営業職という項目を作り、その下に箇条書きで、新規開拓、既存顧客フォロー、営業管理と書いていきます。他の職種も同様にまとめていきます。

経験・スキルの書き方

例えば、5社・6社と渡り歩いてきたのであれば、新しい環境に適応する力があると言えます。これを箇条書きで書きましょう。また、複数社で15年に渡って新規開拓営業をしてきたのであれば、新規開拓営業経験(15年間)と箇条書きで書きます。他にも経験・スキルがあれば、同様に書きましょう。

自己PRの書き方

セールスポイントを箇条書きで書いた後、エピソードを短文で書くのを1セットとして、最大で3セット書きます。キャリア式の職務経歴書は2枚にまとめようとするとスペースが限られるため、記載する数は他の項目に依存します。

退職・転職理由の書き方

反省にプラスして、次は絶対に辞めないという意志を記載することがポイントとなります。病気や家庭の事情、リストラならともかく、自己都合で退職した場合には、辞めたことに対する反省を書かないと、またすぐに辞めてしまうのではと思われてしまいます。そして、次は絶対に辞めないという意志を書くことで、採用する側の企業を安心させましょう。

関連記事

  1. 転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

  2. 30代男性の転職で確認しておきたい情報5選

  3. 20代後半低学歴から年収アップを目指す方法【3つある】

  4. 【どうする?】30代の転職のために濃いヒゲ・ムダ毛は脱毛すべき?

  5. 30代のUターン転職のメリット・デメリットと対策

  6. アラサーの転職で年収アップしたいなら自分の市場価値を知ろう

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較