転職コラム

20代後半までに転職市場価値を高めておくと得する理由

20代で全く転職なんて考えていないというあなたでも、後半までに市場価値を高めておけば、30代になって転職を考えた時に役立ちます。

出世・年収アップしやすい

あなたの市場価値を高めておくことによって出世や年収アップにつながります。

まず出世についてですが、市場価値が高いということは営業職であれば営業スキルがあることに該当します。会社の上層部からすれば、その営業スキルを他の営業マンや新人に伝えて育成して欲しいと考えます。そのためにはそれなりのポジションを用意しようということにつながります。例えば営業部の部長をやってくれと言われる可能性があります。つまり、仕事を獲ってくる営業スキルがあれば、出世するわけです。

次に年収アップについてですが、出世をしてポジションが上に行けばいくほど年収は増えます。もし活躍の場を求めて転職をするのであれば、採用する側からは営業スキルのあるあなたを採るために、今勤めている会社よりも高い給与を提示してきます。

市場価値を高めておくことは、転職をしようがしまいが出世や年収アップにつながるのでやっておいて損はありません。

補足:参考リンク(アラサーの転職で年収アップしたいなら自分の市場価値を知ろう)

20代後半だけでなく30代前半の人も、転職で年収アップするための市場価値を知る方法がここにまとまっています。

いざという時に転職しやすい

30代に入ってから会社の業績が悪くなってリストラされたり、転職したくなった時に市場価値が無いことが分かったのでは時すでに遅しです。だからこそ、20代後半までに市場価値をある程度高めておけば、いざという時に慌てる必要が無くなります。

ここで事例を紹介します。

30代前半で家庭の事情で離職せざるをえない男性がいました。ブランクは2年間に達しましたが、再就職をすることができました。通常これだけブランクがあると再就職は難しいのですが、再就職できたのには理由があります。それは、20代の間に新規開拓営業で表彰されるほどの実績を挙げていたからです。採用する側からすれば、商品やサービスを売るスキルがあるというのは魅力的に映るので、キャリアに空白期間があっても気にしないのです。

補足:参考リンク(20代後半ブランクありで転職(再就職)する方法)

20代後半でブランクがあっても、転職をするための方法がここにまとまっています。

30代でも遅くはない

私は30代だから市場価値を高めるのにはもう遅いのではと気が引けてしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。

例えば30代前半であれば10年程の職務経験があるわけですが、その中に自分では気づいていない市場価値のあるスキルがあるはずです。だから、自分のキャリアを振り返ってみることが大切です。

一方で、自分のキャリアを振り返っても市場価値のあるスキルが見つからない場合には、今からでも市場価値のあるスキルを身に付けるために仕事に勤しみましょう。

具体的なキャリアの振り返り方やスキルの身に付け方については後述しますが、基本的に市場価値があるようなスキルや経験が無い人はいません。最初に述べたように、自分では気づいていないだけです。同業種では価値が無いかもしれないけど、他業種では価値があるといった具合に、見る角度を変えれば発掘できます。

市場価値を高めるためにしておくべきこと

市場価値を高めておかないといけない理由を理解したと思いますが、ここからはどうやって市場価値を高めるのかを解説します。ずばり市場価値を高める方法を言うと、専門性を身に付けること、キャリアの棚卸しとして職務経歴書を作成しておくことです。

まず最初の専門性を身に付けることですが、多くの人は疑問に思うかもれません。なぜなら経験が先ではないのかと考えるからです。

管理人である私は入社1年目から2年目にかけてグーグルの資格を取得したのをきっかけにリスティング広告の運用スキルを身に付けました。その結果どうなったかというと、社内でリスティングの運用全般を任され、大手企業も担当することが出来ました。だから、経験が先ではなく専門性を身に付けることが先です。

そして2つ目の、キャリアの棚卸しとして職務経歴書を作成しておくですが、職務経歴書を作成しておけば過去から現在までの自分の強みが分かります。また、不必要になった経験・スキルも分かります。常日頃から職務経歴書をブラッシュアップすることで、自分の市場価値を知り、高めることができるのです。

まとめ

20代後半までに転職市場価値を高めておくと得する理由は次の2つがあります。

  • 出世・年収アップしやすい
  • いざという時に転職しやすい

ここで30代の人はダメなの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。30代でも遅くはありません。その市場価値を高めるためにしておくべきことは次の2つがあります。

  • 専門性を身に付けること
  • キャリアの棚卸しとして職務経歴書を作成しておくこと

関連記事

  1. エンジニアの転職は20代でするならこうやって差をつけろ!

  2. 【本当?】転職を30代前半で考えた時どんなところをアピールすべき?

  3. 【どうする?】30代の転職のために濃いヒゲ・ムダ毛は脱毛すべき?

  4. 30代の異業種・異職種転職を成功させるポイント【3つある】

  5. 30代男性の転職で確認しておきたい情報5選

  6. 30代で取るべき転職手段6つとその優先順位

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較