転職エージェント

【外資系に強い】Spring転職エージェントってどんな転職サービス?

Spring転職エージェントのスペック

Spring転職エージェントとは?

Spring転職エージェントは外資系人材サービス会社のアデコが運営する転職支援サービスです。世界25ヶ国(アデコグループとしては60の国と地域)でサービスを展開していて、若手からエグゼクティブまでオールマイティーにサポートしています。

国内はどこに展開している?

アデコグループとして世界では5,100の拠点がありますが、Spring転職エージェントとしては国内では9拠点あります。東京、名古屋、大阪、札幌、仙台、つくば、岡山、広島、福岡です。

求人数はどれくらい?

公式サイトから検索できる公開求人数は約20,000件です。全体の約20%なので、残りの約80%は非公開求人になります。

対応している主な業界・職種はどこ?

主な業界はIT・通信系、広告・メディア系、メーカー系、商社系、金融・保険系、不動産・建設系、コンサルティング・会計・法律系、サービス系、流通・小売系、運輸・物流系です。

主な職種は営業系、販売・サービス系、ファッション系、マーケティング系、クリエイティブ系、IT系、エンジニア(電気・電子・機械)系、エンジニア(化学・素材・食品)系、エンジニア(プラント・インフラ・エネルギー)系 、メディカル系、人事・労務系、総務・広報、法務・知財、経理・財務系、経営・経営/事業企画系、コンサルタント系、内部統制・監査系、購買・物流・貿易系、金融系、建築・不動産系、事務系です。

Spring転職エージェントの特徴・メリット

専門分野に特化したアドバイスが受けられる

Spring転職エージェントのアドバイザーは、セールス&マーケティング、IT&エンジニアリング、HR&ファイナンス、ライフサイエンス&メディカルの4つの業界・職種に専門特化しているので、担当分野の深い知識を持っています。そのため、的確なアドバイスをしてもらえます。

情報の伝達ロスが少ない

担当者が分業制になっている他の転職エージェントと違って、アドバイザーは求職者と企業の両方を担当する一気通貫型で少人数を担当するため、求職者と企業とのマッチングを図る上で適した体制になっています。そのため、求職者と企業間の情報の伝達ロスが少ないです。

アデコグループのネットワークを活かした内部情報量

アデコグループで人材派遣やアウトソーシングも展開しているため、企業の内部情報に詳しいです。職場の雰囲気や労働環境など気になることが分かります。

外資系企業の求人に強い

Spring転職エージェントを運営するアデコ自身が外資系企業であり、世界の60の国と地域に5,100もの拠点を構えているので、外資系企業や国内グローバル企業の求人に強いです。

企業ごとに選考対策の指導が受けられる

グループのネットワークを活かした内部情報があるので、選考のポイントを踏まえた履歴書・職務経歴書の作成や面接対策のアドバイスを企業ごとに受けることができます。

Spring転職エージェントのデメリット・注意点

大手の総合転職エージェントと比べると求人数は少ない

リクルートエージェントやdodaのような大手の総合転職エージェントと比べると求人数は少なくなります。そのため、たくさん求人を紹介して欲しい人には向きません。しかし、アドバイザーが企業と求職者の両方の担当を兼ねているため、密度の濃い厳選された求人情報を得ることができます。

東名阪の求人が中心

公式サイトから勤務地で絞って求人検索をすると、2019年4月現在で、一都三県で約10,000件、愛知で約2,000件、大阪で約2,500件の求人があります。つまり、東名阪エリアが求人の大半を占めます。東名阪以外のエリアの求人ももちろん有りますが、少なくなることを地方在住の人は頭に入れておく必要があります。

あなたに付く担当者が1人とは限らない

同じ専門分野のアドバイザーでも保有している求人は異なります。そのため、あなたに付くアドバイザーが1人とは限りません。例えば、職種は同じでも業界や企業規模、地域で棲み分けている場合です。そうなると、あなたに1人のアドバイザーがベッタリ付かないこともあるので、あっさりした印象を受けるかもしれません。

Spring転職エージェント FAQ

どの業界の求人に強いですか?

特にメーカー系の求人が突出して強いです。その次に強いのがIT・通信系です。不動産・建設系やサービス系もそこそこの数があります。

どの職種の求人に強いですか?

得意な業界がメーカー系やIT・通信系であることからも分かるように、電気・電子・機械系エンジニア、IT系、営業系の求人が特に多いです。

どのような流れでサービスが行われますか?

全部で7ステップあります。まず、登録専用ページから登録を行います。経歴に合った求人があり次第カウンセリングが行われます。カウンセリングではキャリアに関するアドバイスだけでなく、求人紹介も行います。応募する企業が決まれば、選考対策のアドバイスもあります。応募をして、書類選考、面接を突破すれば内定・入社です。

選考に関するフィードバックはありますか?

あります。書類選考や面接で採用担当者があなたをどのような評価をしているのかアドバイザーがヒアリングしてくれるので、次の応募に活かすことができます。

Spring転職エージェントのまとめ

Spring転職エージェントのアドバイザーは分業制ではなく、企業と求職者の両方を担当する一気通貫形式なので、コミュニケーションのロスが少なく、マッチした求人を紹介してもらえます。

世界展開しているので外資系やグローバル企業の求人に強いのは当然ですが、メーカーやIT系の求人にも強いので、志望している人は利用してみましょう。

登録は簡単です。以下の項目を記入したり、ファイルをアップロードするだけです。

  • 個人プロフィール
  • 現在または直近の職務経歴
  • その他の職務経歴
  • 履歴書・職務経歴書・レジュメなどのアップロード
  • 資格・免許・語学スキル
  • 希望条件
  • アンケート

入力が完了したら、個人情報の取り扱い・サービス利用規約に同意をして、入力内容を確認するのボタンをクリックしてください。確認して問題が無ければボタンを押して登録完了です。

>>Spring転職エージェント公式サイト<<

関連記事

  1. 【一都三県に特化】type転職エージェントってどんな転職サービス?

  2. 低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

  3. 【IT業界に強い】ワークポートってどんな転職エージェント?

  4. 【求人数が多い】リクルートエージェントってどんな転職サービス?

  5. 20代後半なら転職エージェントは一気通貫型と分業型のどちらがいい?メリ…

  6. 【製造系エンジニアに特化】メイテックネクストってどんな転職エージェント…

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較