転職エージェント

【ミドル・ハイクラスに強い】JACリクルートメントってどんな転職エージェント?

JACリクルートメントのスペック

JACリクルートメントとは?

ロンドン発祥の日系転職エージェントで、ミドル・ハイクラス、管理部門の転職に定評があります。また、世界11ヶ国に展開していて、外資系企業やグローバル転職にも定評があります。

国内はどこに展開している?

海外では、韓国、中国、香港、ベトナム、マレーシア、インドネシア、タイ、シンガポール、インド、イギリス、ドイツの11ヶ国に展開していますが、国内では、東京、横浜、埼玉、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、広島の9ヶ所に展開をしています。

求人数はどれくらい?

約25,000社の企業と取引をしていて、約60%が非公開求人となっていて、独占求人も多数あります。

対応している主な業界・職種はどこ?

全ての業界・職種をカバーしていますが、サービス、商社、流通、消費財、マスコミ、建設・不動産、金融、コンサルティング・シンクタンク・事務所、IT・通信、WEB、EMC、メディカル・バイオ、医療・介護・福祉などとなっています。

JACリクルートメントの特徴・メリット

外資系・グローバル転職に強い

JACリクルートメントは世界11ヶ国に展開しています。そのため、外資系企業やグローバルの転職に強いです。これらの分野の企業に応募する場合は、英語面接や英文レジュメの対策をしなければならないことが多いですが、その部分も設立以来から蓄積してきたノウハウを活かしてサポートしてくれます。

職務経験を理解できるキャリアコンサルタントが多い

JACリクルートメントには約650名のキャリアコンサルタントが在籍していますが、それぞれが担当する業界出身の人もいるため、求職者の職務経験を理解してアドバイスできます。

30代以上のミドル・ハイクラス求人に強い

20代の求人も有りますが、特に30代以上のミドル・ハイクラス求人に強いです。例えば、課長・マネージャークラス、部長・役員クラス、技術職・専門職です。

一気通貫型のキャリアコンサルティング

一人のキャリアコンサルタントが企業と求職者の両方を担当する一気通貫型のキャリアコンサルティングを行っているので、分業制とは違って、求人情報の詳細さ・正確さが確かです。

営業、技術系、管理部門に転職決定した人が多い

JACリクルートメントはすべての職種に対応していますが、転職が決定した職種で多いのは、営業、技術系、管理部門です。これらの職種を志望している30代以上の求職者は利用すべきです。

JACリクルートメントのデメリット・注意点

20代の転職には向かない

20代の転職実績もありますが、大半は30代以上、それも40代以上が半数以上を占めているため、20代の転職でJACリクルートメントを利用するのは向いていません。ただし、20代でもハイスペックまたはハイキャリアであれば利用しても良いでしょう。

求職者へのサポートが手厚いとは言えない

JACリクルートメントは一気通貫型のキャリアコンサルティングの形式を採っています。そのため、求人情報が詳しいという点においてはメリットですが、企業も求職者も両方担当しないといけないため、求職者へのサポートが手厚いとは言えません。

ハイスペック・ハイキャリアでないと厳しい

JACリクルートメントが抱えているクライアントがターゲットとしている求職者は30代以上のハイスペック・ハイキャリアの人材なので、普通のキャリアを積んでいる人には向きません。

一気通貫型のため求人は大量に紹介できない

キャリアコンサルタントは企業と求職者の両方を担当するので、物理的に一人の担当者から紹介できる求人数には限界があります。ただし、他のキャリアコンサルタントから適性のある求人を紹介されることはあります。

JACリクルートメント FAQ

20代の求人は少ないのでしょうか?

転職決定者の実績を見ると、20代前半つまり、第二新卒の実績はごくわずかで、25~29歳はそこそこありますが、30~34歳と比べると約半分くらいです。これらの点を踏まえても20代の求人は少ないです。

職務経歴書の作成に自信がありませんが、アドバイスはもらえますか?

もらえます。企業担当と求職者担当は同じ人なので、求人企業の情報をダイレクトに知ることができます。そのため、応募する企業ごとに職務経歴書や英文レジュメの的確なアドバイスをもらうことができます。

キャリア面談はどのようなことをするのですか?

あなたに適した求人の紹介やキャリアプランの作成をするためのヒアリングを中心に行います。例えば、あなたの職務経験について、スキルや実績も踏まえた質問を細かく聞いていくことで、キャリアの棚卸しをします。ある程度自分でキャリアの棚卸しをしておくと比較することができ、第三者だからこそ分かるアピールポイントが見つかることもあります。

登録すれば必ず求人は紹介してもらえますか?

登録しても必ず求人を紹介されるとは限りません。あなたの経歴に相応した求人が無ければ、求人紹介はありません、その際は、「現時点で紹介出来る求人はない」という内容のメールが来ます。その後、求人が発生すれば連絡があります。

地方の求人もありますか?

ありますが、希望勤務地によっては紹介できる求人がないことがあります。基本的には拠点のある東京、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、広島周辺の求人が中心です。

JACリクルートメントのまとめ

JACリクルートメントは30代以上のミドル・ハイクラスに強い転職エージェントです。キャリアコンサルタントは企業と求職者の両方を担当する一気通貫型なので、自分から積極的にアプローチしていかないと、他の求職者の方が優先され、後回しになってしまう可能性があるので注意が必要です。

登録は、基本情報登録、職務経歴登録、内容確認・登録完了の3ステップに分かれています。

基本情報登録は、

  • 住所(都道府県)
  • 直近の経験職種
  • 直近の経験業界
  • 直近の年収
  • 現在または直前勤務の会社名
  • 氏名
  • 氏名(カナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス

職務経歴登録は、

  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市町村以降
  • 携帯電話メールアドレス
  • 学歴
  • 学校名
  • 現在の勤務状況
  • 転職回数
  • 会社名
  • 勤務期間
  • 役職
  • 雇用形態
  • 業界
  • 経験職種
  • 経験年数
  • その他の職務経歴
  • 資格・スキル
  • 語学力1
  • 語学力2
  • TOEIC
  • その他の語学
  • 希望勤務地
  • 希望職種
  • 当社をどちらでお知りになりましたか?
  • 紹介者氏名(紹介によるご登録の場合)
  • 伝えておきたいこと

以上の項目を入力したら、内容確認をして問題が無ければ、登録完了になります。入力に時間がかかるので注意しましょう。

>>JAC Recruitment公式サイト<<

関連記事

  1. 20代後半なら転職エージェントは一気通貫型と分業型のどちらがいい?メリ…

  2. 【外資系に強い】Spring転職エージェントってどんな転職サービス?

  3. 20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較

  4. 【マッチング度が高い】パソナキャリアってどんな転職エージェント?

  5. 【求人数が多い】リクルートエージェントってどんな転職サービス?

  6. 【IT業界に強い】ワークポートってどんな転職エージェント?

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較