転職コラム

【検証】20代男性の転職は大手を目指すべき3つの理由

20代はまだ大手を狙える年代なので、規模の大きい仕事を担当したい男性は転職で目指すことをおすすめします。迷っている場合は、3つの理由知ることで決断しやすくなります。

規模の大きいビジネスに関われる

大手の企業はとても人気があるので、就職活動を行っていた場合は選考を受けた経験のある社会人は多いでしょう。ただ、志望度が高かったとしても、採用してもらえずに仕方なく中小規模の内定を獲得した企業に入社するケースは珍しくないです。

しかし、就職したので道が閉ざされたわけではなく、大手の企業で働く夢は転職という形で実現できる可能性が残っています。ただ、年齢が高いほど応募できる求人は少なくなるので、転職を実現させたいなら20代のうちに転職活動を行い、結果を出せるよう精力的に動くべきです。大手への転職を実現すれば、規模の大きいビジネスを担当できるチャンスがあるので、仕事にやりがいを持てるようになります。

担当する仕事の規模が大きければ責任も大きくなりますが、自身の成長という意味では非常に効果的なので、常に向上心を持って仕事に取り組みたい男性に大手の企業はピッタリです。

給料や福利厚生に期待できる

国内や世界で有名だったり、貴重な技術を持っていたりなど、中小規模でも優良な企業はあります。ただ、大手企業の方が給料や福利厚生に期待できるのは事実です。

中小と大手では年齢が高くなるほど給料の差は大きくなっていくので、20代のうちに転職して評価される仕事を積み重ねていけば、転職だったとしても同い年と同等かそれ以上の給料を稼げるチャンスがあります。

また、手当てが充実している企業が多いことも大手の魅力の1つです。給料や福利厚生が充実していれば、悠々自適な独身時代を過ごせるようになるだけではなく、結婚して家族が増えてからも安心して生活できるでしょう。

大手に勤務した実績は武器になる

20代の若い時期に大手への転職に成功し、数年や十数年と勤務すれば、再び転職をしたくなった時に自分を助けることになります。大手は知名度が高いですし、経験してきた仕事の量や質によって人材としての価値は高いと判断されやすいです。

特に、大手から中小企業への転職は勤務実績をアピールすれば、採用される確率は高いです。ですから、いつか再び転職を検討した場合に自分を助ける意味で、20代のうちに大手企業へ転職しておきましょう。

もちろん、大手企業に勤務した実績があれば、同業他社や異業種の大手企業への転職もしやすくなるので、色々な面で効果を実感できます。求める人材のレベルは高いですが、求人に応募さえしていれば選考に参加できるため、チャンスはあります。

関連記事

  1. 【本当?】転職を30代前半で考えた時どんなところをアピールすべき?

  2. 30代の転職でブラック企業を避けるための見分け方

  3. 20代後半ブランクありで転職(再就職)する方法

  4. 【重要!】転職を20代で成功させる3つの秘訣とは?

  5. 転職を20代後半の男が本気で考えた時に真っ先に知るべき情報5選

  6. 【必見】転職を考える30代男性が選ぶべき未経験OKの仕事とは?

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較