転職コラム

エンジニアの転職は20代でするならこうやって差をつけろ!

20代の若手エンジニアが転職するときのセールスポイントは、自分にどれだけアピールできるスキルがあるかということです。転職前に得意分野を伸ばすことに徹底しましょう。

得意分野を伸ばす

エンジニアに転職をする気持ちがあるのなら、早めに手を打つべきです。年齢を重ねるごとに人は、新しいことにチャレンジすることに躊躇する傾向になります。今の職場に不満を感じているのであれば、転職の決意は、早めに固めるべきです。20代から30代前半のエンジニアは、大きく飛躍する可能性を秘めており、エンジニア市場も、常に新しい人材を求めています。

若手エンジニアは、ベテランエンジニアと比較すると経験はありません。ですから、広く浅い総合的なスキルを育むより、一つでもいいから得意な分野を見つけ、伸ばすべきです。一見、特化したスキルは、武器にも弱点にもなる両刃の剣であるとも言われています。しかしながら、20代や30代前半の若者が、他を圧倒するものを一つでも持つことは、「あいつ、若いクセに凄いな」と思わせるのに十分なパワーを持っています。

転職したばかりの時期は、既存の社員からは、様子見や審査員的な目で見られがちです。一目置かれる存在になることで、周りが自分を見る目が変わり、仕事がやりやすくなります。コミュニ―ケーションがとりやすくなるでしょう。

マルチエンジニア

20代から30代前半のエンジニアが一つの卓越したスキルを身につけており、ある程度、仕事をこなせるようになったとき、次にとる選択肢は二つあります。一つ目は、自己のスキルの幅を広げるために、別の分野にも手を出して、エンジニアとしての価値を上げることです。

そして、もう一つは、得意分野をとことん追い詰めていく方法です。一つ目の方法は、マルチエンジニアとしての自己の商品価値を高めていく方法です。「あいつに任せれば何でもできる」と呼ばれるようになることです。

タッグチーム

二つ目の方法は、ある一つの分野のマスターとなり、他の分野は、各々の分野のマスターとタッグチームを組んで仕事にあたることです。タッグチームのメンバーが転職先の社員であれば、不得意分野を任せることで、そのメンバーも力を発揮することができ転職先でもより仕事がやりやすくなります。

タッグチームは、エキスパート集団と考えることができますので、一人のマルチエンジニアよりも作業効率も高くなるでしょう。また、タッグチームのメンバーが20代~30代前半であるのなら、次に、さらに転職という選択肢をとるのではなく、独立開業という道を選択する可能性を秘めています。若いときに、得意な分野を見つけ、伸ばすことが成功の秘訣となります。

エンジニアに強い転職エージェント

IT系と製造系に分けて紹介します。

IT系エンジニアに強い転職エージェント

製造系エンジニアに強い転職エージェント

関連記事

  1. 30代の転職でブラック企業を避けるための見分け方

  2. 20代後半で転職2回目は前職の勤続年数に注意しよう【転職自体は問題なし…

  3. 【教えて!】未経験OKの転職は20代後半でも可能なのか?

  4. 零細企業出身30代前半の転職で大手企業の契約社員に挑戦すべき?

  5. 【なるほど!】30代で職歴が多い場合の職務経歴書の書き方

  6. 【必見】転職を考える30代男性が選ぶべき未経験OKの仕事とは?

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較