転職コラム

【重要!】転職を20代で成功させる3つの秘訣とは?

転職を考えた時に、年齢によって狙うべき事もやるべき事も変わってきます。ここでは20代、特に20代後半に向けて転職時の気をつける事を書いていきます。実は転職時に最も熟考しなければならないのは、20代なのです。

第一の秘訣は給料で考えない

転職を考え求人欄を見た時、まず見るのが「給与」です。しかし、20代の場合は給料の金額を無視したほうが上手くいく傾向にあります。なぜ給与面を無視するのか?それは給与を見てしまうと、給与が高いか安いかで判断してしまうからです。これが40代であれば、まず給与でもかまいません。この先に大きく変わる可能性は低いからです。

20代の場合はキャリア形成の途中であり、収入が増えていく過程の第一、第二段階です。現時点での収入を気にするより、10年後、20年後の収入が大きく伸びる人生を設計しなければなりません。どの会社、どの職種を選ぶか?という判断においても、20代では見極める目は無いと思ったほうが正解です。

基本的に20代後半までの転職は、やりたい仕事や入ってみたい会社など、漠然としていても良いので「10年後にどうなっていたいか?」と心がけて邁進していくほうが重要です。そのためには給与面や待遇面を意識しないほうが確実に視野は広がります。

第二の秘訣は場所で考えない

転職の際にまず見るのが給与、そして「勤務地」ですが、よほど込み入ったプライベートの事情がある場合を除いて、20代の場合は場所を考えないほうが成功します。これはなぜか?30代、40代と年齢が上になるほど場所は限定されてくるからです。

20代であれば独身の人が多く、20代で結婚していても子供はまだ小さい年齢にあります。これが30代になってくると子供は学校に通っているので引っ越しは難しくなります。40代になると、親が60歳を超えてくるので介護や世話が必要になってくる可能性が高くなります。

特に問題なく生活拠点を変える事ができるのは、およそ20代後半までです。今までと大きく違う場所に行けば、視野もまた広がります。「この会社が気になるけど、家から遠いな」というように勤務地を考え出すと選択肢は非常に狭まります。求人を見る際には勤務地で探さずに職種や業務内容を第一にみるべきです。

第三の秘訣は、とにかくダメ元精神

求人を見て会社を決め、応募する時に一つ注意したい事があります。それは、意識的にまたは無意識に「受かりそうな会社にだけ応募してないか?」という事です。実際のところ、20代後半までは応募する職種に全く経験が無くとも、それほど問題視されません。

これが40代であれば話は違い、転職はほぼ前職と同じ職種になります。40代で新人というのは、会社としてメリットがありません。そして新卒の入社試験とは大きく違い、転職は中途入社です。その時の応募者、限られた数名の中から選ばれるだけなのでタイミングや運といった要素も大きくなります。

20代の「若い」という価値は20代が自分で感じているより貴重な物です。「ここは大きな会社だから受からない」または「ここは経験者優遇と書かれているので無理」といった自己判断をするより、そこが働いてみたい会社であれば、ダメ元で応募するぐらいのほうが成功します。

20代の転職は思うより簡単。

3つの秘訣をまとめると、10年後や20年後を見据えて、自分のやりたい事や好きな仕事を見つけるのが20代で済ませておく重要事項です。新しいことへのチャレンジは年齢が上になるほどチャレンジしにくくなります。

20代後半の人で転職しようか悩んでいる人は、今が最後のチャンスかもしれません。それほどに20代と30代では違います。結婚や出産など生活スタイルが劇的に変わる可能性が高く、マイホームの購入などもあります。

20代というのは体力もあり、生活費も中高年に比べてそれほどかかりません。給料や待遇といった面で転職することは後々にいくらでもできるので、今は長期的な目線で思い切った挑戦をするほうが、何年か後に大きく成功する可能性が高いでしょう。

関連記事

  1. 【どうなの?】30代男性の転職で看護師を目指すのはありか?

  2. 営業を辞めたい20代後半の人必見!営業辞めたい理由別の対処法を解説しま…

  3. 30代の転職でブラック企業を避けるための見分け方

  4. 転職を20代後半の男が本気で考えた時に真っ先に知るべき情報5選

  5. 30代の異業種・異職種転職を成功させるポイント【3つある】

  6. 20代後半なら転職エージェントは一気通貫型と分業型のどちらがいい?メリ…

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較