【管理系部門に特化】MS-Japanってどんな転職サービスなの?

2

MS-Japanってどんなサービス?

MS-Japanは、大手監査法人・会計事務所、ベンチャーキャピタルとのネットワークをもち、関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資企業、優良ベンチャー企業、または会計事務所、監査法人、法律事務所、金融機関まで、幅広く高度なニーズに応えられるスペシャリストの人材紹介サービスです。

MS-Japanの特徴

1キャリアアドバイザーが全力でサポート

転職がより充実したものになるように、MS-Japanの各専門のキャリアアドバイザーが全力でサポートしてくれます。

事業会社の管理部門(経理・財務、人事・総務、法務、経営企画等)と、スペシャリスト(弁護士、公認会計士、税理士、金融、コンサルタント等)に特化しています。

同分野の転職サポートにおいてトップクラスのシェアを誇ってきた実績とノウハウを、提供することが可能です。

各職種への深い理解に加え、常に最新の市場動向を把握しておりますので、お1人お1人が理想とする将来像へ向けた、最適なキャリアプランのご提案が可能です。

求職者の方、求人企業の双方にとって本当に価値のあるサービスを提供することを常に心掛け、質の高いコーディネートを提供しています。

管理部門特化型エージェントNO.1

MS-Japanは、管理部門特化型エージェント№1として多くの評価を獲得しています。

経理・財務・人事・法務などの管理部門、公認会計士・税理士などの会計業界、企業法務・弁護士・弁理士などの法律領域に高い専門性をもつキャリアアドバイザーがしっかりサポートしてくれます。

業界屈指の豊富な求人情報

大手監査法人、会計事務所、ベンチャーキャピタルとのネットワークをもち、関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資系企業、優良ベンチャー企業、または会計事務所、監査法人、金融機関まで、幅広いフィールドの求人情報があり、その数は業界トップクラス。

第2新卒から20代後半までの若手層、30代の中堅層、40歳以上のプレイングマネージャーから管理職求人まで幅広く対応可能です。

業務内容・勤務地・企業規模・給与など、ご希望条件はもちろん、各企業の風土や職場環境、募集背景などについても、できるだけ多くの情報をご提供するよう努めています。

MS-Japanのデメリット

  1. 弁護士・公認会計士・税理士などの資格がある人が前提
  2. 基本的には首都圏・東海圏・関西圏が中心
  3. 登録すれば、必ず就職できるわけではない

MS-Japanのメリット

  1. キャリアプランのご提案を提案してくれる
  2. 応募書類の作成サポート(サンプルの提供、添削)
  3. 非公開求人の紹介

MS-Japanの総合評価

おすすめ度
内容
大手監査法人・会計事務所、ベンチャーキャピタルとのネットワークをもち、
関東・東海・関西の主要都市を中心に、大手上場企業、外資企業、優良ベンチャー企業
または会計事務所、監査法人、法律事務所、金融機関まで、幅広く高度なニーズに応えられるスペシャリストの人材紹介サービスです。
特徴
1.キャリアアドバイザーが全力でサポート
2.管理部門特化型エージェントNO.1
3.業界屈指の豊富な求人情報
おすすめの人
・経理・財務業務の経験がある方
・人事・総務業務の経験がある方
・法務業務の経験がある方
・経営企画のご経験がある方
・会計事務所・監査法人・税理士法人での業務経験のある方
・法律事務所での業務経験のある方

MS-Japanのまとめ

MS-Japanは、2017年3月 実査委託機関:楽天リサーチで、弁護士・公認会計士・税理士が利用したい転職エージェントNo.1となっています。

基本的には、有資格者、経験者の人がメインとなってくる印象ですが、未公開求人数も最多数なので、再就職を考えている人にはおすすめと言えるでしょう(^^)

登録はこちら(公式サイト)

PAGE TOP

転職サイト

待ちの転職に役立つおすすめ転職スカウトサービス

転職エージェント

低学歴でも使えるおすすめ転職エージェントと就職エージェント

転職コラム

転職回数が多い人は職務要約の文字数を無理に収めると損な話

転職コラム

第二新卒は転職が難しい?経験者の立場から見た採用される第二新卒とダメなパターン

転職エージェント

20代前半の第二新卒におすすめの転職エージェント比較